直接配管

流入に、阻害がある。

「つまり桝がいるのです」しかし直接配管も可能

プラスチック貯留槽はその内部に大口径の広さが無いため、製品によって仕様が異なりますが、きっちりとスペックは、定められて入ないのでこれは、重大な事であります。昨今はゲリラ豪雨も頻繁におこり、「噴いた」というお話が少しずつ増えてまいりました。(図1)流入は口径はに対して、2倍くらいの、広いスペースに広げてから浸透槽、貯留槽に誘導する対策が必要となっております。これを流入阻害といいます。つまり流入桝で受けるのが(図2)得策ですが、桝の納期は通常、3週間程度かかりますので、連結管に変更する(図3)か槽内に低減材(図4)を設置して解決するのが、よろしいかと思います。また上から流入(図5)できればかなり、阻害は軽減できるという方もおりますが、多くに管底高が収まらないのが問題となってます。

 


■図1:噴くからご注意しなければ

○○○○○○○○イメージ

■図2:桝をつけたら解決するのであるが


■図3:先に貯留槽を作り連結管で接続 



○○○○○○○○イメージ


■図4:槽内に低減材を設ける




■図5:上部から入れたら多少は軽減

 

次回に更新しておきます。よろしくお願い致します。